マイホームを建てるなら新築一戸建てがお勧め

木造軸組工法で快適な家

積み木

プランニングは自由自在

狭い土地でも、北側に面していても、商店街にある店舗併用住宅でも、八潮市に新築一戸建てを建てる時の課題は1つ、いかに自分達の望む、暮らしやすい家にできるかということです。様々な条件や制約はさておき、まずは、八潮市の家でどんな暮らしをしたいのか、洗い出してみるところから始めてはいかがでしょう。機能的で使い勝手の良い間取り、明るいリビング、独立性の高い個室、充実した収納と、住まいの機能として望むことの基本は共通しているはずです。八潮市の新築一戸建ての素材の中で、最も日本人になじみ深いのが木の家です。湿度の高い日本の気候風土の中で、木の持つ吸湿性が新築一戸建てに適していることは、八潮市でもよく知られていますが、感触はもとより木そのものが住む人をリラックスさせ、ストレス解消を促すことが分かっています。また、狭い敷地には木造軸組工法の持つ特長が魅力になっています。その第一が敷地の形状に沿ったプランが考えられることです。敷地にプランをはめ込む規格型タイプに比べると敷地を自由に有効活用できます。三角形であっても、細長い土地であっても、敷地形状を活かすプランを作り出すのは木造軸組工法が最も得意とするところです。方位を考えたり、建蔽率や容積率を最大限活かしたプランも自由自在です。中庭や大きな開口部を設けるなどcm単位、mm単位でも自由なプランができるのも木造軸組工法ならではです。敷地をどう活かすかが、新築一戸建て造りの成否のポイントになるのです。